猫ちゃんとの出会い ~里親さがし~

シェアする -To Share-

前回までのお話↓

猫ちゃんとの出会い ~猫ストーリーは突然に~

猫ちゃんとの出会い ~その後、名前をつけるまで~

※子猫時代の写真はスマホでの撮影のため若干見づらいかもしれません(汗)

4匹を拾った当時、私たち夫婦は猫ちゃんをこのまま飼うと言う選択肢はありませんでした。

仕事の時間などもそうですが、家の広さなども考えて少なくとも4匹を飼うことは困難でした。

私の両親は完全犬派…。

猫好きな姉がいますが、姉自身が猫好きなのに猫アレルギーという不幸な体質である上に犬を飼っていますし…。

妻の両親も遠方に住んでいる上に当時はすでに年配の先住猫がいて難しい環境でした。

そうした状況から、飼いたい気持ちとは裏腹に手探りでの里親さがしが始まりました。

ネットなど様々な情報をかき集めて、友人や知り合いにもお願いしていました。

かわいい仔猫の画像-06

あの頃はやっぱりいろんな不安がありましたね。

里親募集を悪用してペットを虐待する人間が少なからずこの世にいるなんて話も聞いていたので募集は慎重に、且つ厳しい条件を科していました。

やはり私たちも猫好きなもんで、いざ4匹を育てはじめると日に日に情も厚くなってしまいます。

「この子たちには絶対、幸せになってほしい」

その思いがある私たちからすれば大した条件ではないと思っていました。

まずは里親希望の方と育て親を結ぶサイトへ登録しました。

しかし、そうしたのも束の間、姉が職場で仕事仲間にあたってくれた中にその方の親戚が猫を探しているという連絡をくれました。

そこからも姉が間に入ってくれてスムーズにお会いすることができました。

相性のこともありますので、お会いする当日は猫ちゃん4匹を連れていきました。

実際に猫を飼われた経験をお持ちで、家も猫グッズがいっぱいで本当に猫が好きな人柄が伝わってきました。

もちろん、たとえ姉の伝手とはいえ厳しい条件で審査させていただく事もあらかじめ伝えてもらってましたが、少々の答えにくい質問にも答えてくださってとても信用できる方でした。

そして、「空くん」と「太くん」が気にいったようで2匹を譲渡することに。

うれしい反面、さみしい気持ちも正直ありましたね。

「陽くん」と「桜ちゃん」は兄弟との別れの時だということはわかってなさそうでしたが。

その方はその後も成長した2匹の写真を送ってくださって互いにとても幸せそうです。

よかった、よかった。

元気かな~。

空くん

かわいい仔猫の画像_07

太くん

かわいい仔猫の画像-05

しかし、私たちの里親さがしはまだ続きます。

「陽くん」と「桜ちゃん」がいますからね。

私たちはその後、登録サイトを増やしましたが思ってた以上に反響が多くて大変でした。

当時はまだ仕事から帰る時間が早かった妻が問い合わせのメール対応をこなしてくれました。

私はサイトでの登録情報の更新やアンケートの作成をしていました。

このアンケートというのはそれ専用のサイトがありまして、自由にネット上でやりとりができるものですがそれがすごく便利でした。

毎日ひっきりなしに来る問い合わせに対して、一人ひとりにお会いする時間と体力はさすがにない私たちには「履歴書」の書類審査のようなものですね。

家族構成、飼育環境、仕事などで家を開ける時間、年収などのお金のことなど事細かくアンケートにしましたが、そういう他人には言いにくい個人情報であってもきちんと答えてくれる人でないとダメです。

もちろんそういう個人情報を扱うこちらもその情報を慎重に扱い、人を選ぶ重責があります。

ですが、これから里親探しをする方には強くオススメしますね、アンケート。

その手のアンケートサイトも増えているので、里親さがしをされる方はいろいろ調べてみてはいかがでしょう?

答えてくれる内容も大事ですが、一つ一つの質問にたくさん書いてくれてご本人の情熱みたいなものを感じるものもあれば、反面正直見た瞬間に「本当に飼う気あるのか?」って思ってしまうような未記入だらけのものもあるので、そういう観点でも選定しやすいです。

かわいい仔猫の画像_02 かわいい仔猫の画像_04

そんな数あるアンケートの返信の中でほぼ全ての条件をクリアし、一番情熱を感じた方がいました。

新幹線で片道4時間以上かかるようなかなり遠方にお住まいの方でしたが、それでも会ってみたいと思わせる方でした。

猫ちゃんたちの体力も考えると何度も連れていける距離ではなかったのでまずは私たち夫婦だけでお会いしました。

本当に環境も人柄もご家族の方も言うことがないくらいのすばらしい人で、私たちも顔を見合わせて「決めよう!」とその場で決めました。

…が、後日その方のご家族が飼っている猫ちゃんが病気であることや、昔飼っていた猫ちゃんを忘れられずにいることなどを正直に話してくださり、自ら辞退されました。

黙っていればわからないことなのに…。

しかし、譲渡できなかったもののそんな正直な方に一度は決めた私たちの目に狂いはなかったと思っていますし、お会いできたことだけでもとてもよかったと思っています。

お互い猫好きであればまたどこかでいろんなきっかけが生まれるかもしれないですしね。

あれから新しい猫ちゃんと出会われたかな~?

そうして振り出しに戻ってしばらくした頃、なにげに妻に言いました。

「俺たちで飼おうか?」

妻の目がキラキラしだしました(笑)

もうその頃にはこの二匹と一緒にいる幸せを感じてしまっていたのかもしれないですね。

里親希望のかたに厳しい条件を出せるくらいですから、自分たちで飼える自信や余裕もできたのもあるかもしれません。

猫ちゃんたちもずいぶん大きくなって猫ちゃんたちでお留守番もできるようになってましたし。

そうして私たちと2匹の暴れん坊の生活が再出発しました。

かわいい仔猫の画像-01

かわいい仔猫の画像-02

思い返すと短いようで、ものすごく濃い一年でした。

ここまで猫づくしな日々になるとは…。

ここで書いた里親さがしの経験で学んだことや便利な情報などはまたいつかまとめて書けたらと思っています。

猫ストーリーは突然に!

子猫や野良猫を拾うなんて奇跡はいつ誰の元にくるかわかりません。

これからそういう奇跡にはじめて出会われた方へ、微々たるものかもしれませんが、すこしでもお力になれるブログにしていきたいと思います。

長々となりましたが、猫ちゃんたちとの出会いのお話はひとまずこの辺りで。


ブログランキングに参加しています!

ぽちっとしていただけたらあなたにも猫神様が微笑むかも。