猫ちゃんの給餌台をDIY【猫画像/DIY】

シェアする -To Share-

猫ちゃんがご飯を食べる際の給餌皿を載せる台をDIYしました。

猫用給餌台をアンティーク調にDIY

I made an antique style feeding table for cats.

そうです、あえてアンティーク調の給餌台を作ってみました。

猫の給餌台の画像_20170926_08

猫の給餌台の画像_20170926_07

材料はほぼ全て100円ショップで手に入るものです。

【材料】

  • 木の板・・・・・・・・・・・・・・・・×3枚
  • L字の棚受け・・・・・・・・・・・×4本
  • アンティーク調フック・・×4セット(2個入)
  • その他の端材・・・・・・・・・・家にあったもの

木の部分は「アンティークワックス」といって、塗るだけで木材がアンティーク調の風合いに変わるというワックスを塗っています。

アンティークワックスはホームセンターなどで購入できます。

このワックスは意外と匂いがないので猫ちゃんなどのペットが使うものに使用しても大丈夫ですね。

猫の給餌台の画像_20170926_09

脚の部分は棚受けという壁に棚を取り付ける際に使う金具を利用して、本来の使い方とは違う変わった使い方をしています。

100円ショップをいろいろ見ていたら先の部分が写真のように丸くなっていて丁度脚として使えそうだな~と思ったので購入しました。

こちらは大きさが2種類くらいあるので、猫ちゃんの大きさに合わせて購入したほうが良いと思います。

天板の上に取り付けたのはアンティーク小物の売り場にあったフックです。

壁などに取り付けて、ハンガーなどを吊るすための金具ですね。

これを天板に取り付けてどのような意味があるかというと

猫の給餌台の画像_20170926_11

こんな感じで猫ちゃんが食べている最中に器が動いて食べづらくなるのを防止するための役割があります。

フックは丸みがあるので陶器の器であってもキズになりにくいんではないかと思ってこれを選びました。

猫画像_20170926_05

猫画像_20170926_06

まだ作成中の時にこのフックを取り付けた天板を見かけた妻に

「ぅわぁ・・・ゴキブリみたい」

と言われた時には、このフックを妻の鼻に引っ掛けて吊るしてやろうかと思いましたよ。

猫の給餌台の画像_20170926_10

正面。

天板と金具をネジで留めるにあたって、ある程度厚みが欲しかったので家にあった木の端材を天板の裏などにかましてあります。

猫画像_20170926_02

どうでしょう?

アンティークっぽくなってますでしょうか?

猫画像_20170926_04

既製品の給餌台ってあまり種類もなくて、気に入ったサイズやデザインのものが売られてなかったりするのでこんな風に自分の思ったように自作してみるのも面白いですよ。

猫画像_20170926_03

こころなしかフードも高級に見えます。

器の柄と見事なまでのミスマッチ感には目をつぶってもらいましょう。

猫の給餌台の画像_20170926_12

左が最初に作った給餌台。

猫の給餌台の画像_20170926_13

これも100円ショップの木材をボンドだけで貼り付け、仕上げにニスを塗ったものです。

今回作ったアンティーク調給餌台が芸術的過ぎるゆえにこちらはなんともショボい・・・。

小学生の夏休みの工作でももう少しマシなのでは・・・。

ご覧の通り、ウチでは2種類の「背の高い器」と「背の低い器」があるので、前々から背の低い方をどうにかしないとな~と思っていたのを久々にがんばって挑戦してみました。

今回は猫ちゃんのためのDIYとしてアンティーク調給餌台をご紹介しました。

給餌台って猫飼いさんなら誰もが悩むアイテムの一つなのではないでしょうか?

100円ショップのものでもいろいろ工夫すればこんなのできるんだな~という一例になれば幸いです。


ブログランキングに参加しています!

ぽちっとしていただけたら猫ちゃんたちも貴族っぽくなるかもしれません。