香箱座りあれこれ【猫画像】

シェアする -To Share-

香箱座り(こうばこずわり)は、ネコの座法の一種。「箱座り」「香箱を組む」「香箱を作る」などとも呼ばれる。

ただつくばっているだけでなく、「前脚を胸毛の奥(内側)へ折り曲げている場合のみ」を定義対象とする説もある。

ネコが背を丸めてつくばっている様子が、香箱(香木・薫香料を収納する蓋付きの箱)の形を連想させるため、メタファーとして、「香箱を作る」と呼ばれるようになったとされる。

Wikipediaより抜粋

「メタファー」の意味がわかんないよ・・・。

※簡単に言うと隠喩(比喩の一種)の事だそうです。

美しい香箱座りとラフな香箱座り

Catloaf.

サビ猫画像_20171015_03

サクラちゃんの香箱座りはいつも美しいですね。

たまに妻がこの前足と胸の隙間に指を入れて喜んでいます。

サビ猫画像_20171015_02

最近私もマネしてこそっと指を入れて「指モフモフ」しているのはナイショです。

サビ猫画像_20171015_01

おねむのようなのでここまで。

茶白猫画像_20171015_06

ヨウくんの香箱座り。

一見、普通の香箱座りに見えますが

茶白猫画像_20171015_05

おしいっ!!

じつにおしいよ、ヨウくん

そうなんです、ヨウくんはたまに片方の足だけ出ちゃうんです。

茶白猫画像_20171015_04

こちらもおねむでした。

これからもいろんな香箱座りのパターンを見せてほしいですね。


ブログランキングに参加しています!

ぽちっとしていただけたら二匹があなたの膝の上で香箱を作ってくれるかもしれません。