猫と住むための家作ったった【猫画像】

シェアする -To Share-

以前よりブログ内で申しておりました、サクヨウと暮らすために一(イチ)からリノベーションしたお家が完成し、昨日”引渡し式”が無事終わりました。

その引渡しと同時に妻とサクヨウだけ前のりで引越しもしましたよ!

サクヨウに新しい環境へ慣れるのに時間がかかるかもしれないので、少しでも傍に居てあげるためにこの週末を利用することにしたんですね。

引越し本番は来週で、私は古いほうのお家へ残って引越しの準備とブログの更新です!

猫と住むための家作ったった

We built a house to live with a cat

今回は一部ではありますが、新居の様子をお見せしようと思います。

どれだけ”猫愛(猫バカ)”が詰まっているかわかるかもしれません(笑)

猫画像_20180408_13

私がこだわったリビングの壁とリビングの幅いっぱいいっぱいまである3段シェルフ。

みなさん、お気づきだろうか・・・。

左上にサクラちゃんが居ることを・・・。

実はこの3段シェルフ、本来の用途はシェルフではなくて・・・

猫画像_20180408_12

こんな風に穴が開いています。

この穴は何かと言うと・・・

猫画像_20180408_02

猫画像_20180408_04

早速ヨウくんが実践してくれていますが、シェルフではなくこのように上下を行き来できるキャットウォークなんです。

そうです、シェルフではないのでほぼほぼ何も置くつもりがありません(笑)

まさに猫のためだけの代物です。

客観的に見てどう考えても夫婦揃って異常な猫バカやろうですね。

猫画像_20180408_05

サクラちゃんは見慣れぬ環境に完全に怖がってしまってずっと端っこにいます。

猫画像_20180408_10

たまにビクビクしながら上へ行ったり、下へ行ったり。

なんだかんだでお気に入り?

猫画像_20180408_07

猫画像_20180408_08

天井もいわゆる”コンクリート打ちっぱなし”ってやつです。

おしゃれでしょう?

と、私みたいな田舎モンが一度は憧れるやつですね。

猫ちゃんとのコントラストがかっこいいね~!

しかし、コンクリートをむき出した天井というのは何もおしゃれだけが目的ではありません。

石膏ボードの天井がなくなる分、床から天井までの高さが高くなるというメリットがあります。

これも猫ちゃんにとっては大事なことなんです。

猫画像_20180408_09

そしてリビングの横にあたるベランダの出入り口の窓の上にも吊り下げ型のキャットウォーク。

猫画像_20180408_06

こんな感じで外が見える設計。

今までの記事をご覧になっていただいていた方にはわかると思いますが、高い位置から外が見えるというのは特にヨウくんにとっては大事な要素なんですね。

もちろん、このキャットウォークは稼動とかしないので常に窓の真ん前に付いています。

ベランダへの出入りしにくそうですよね???

はい、ベランダに出入りしません(笑)

けっこう広めのベランダですが、ほぼ使う気ありません。

これだけベランダを殺しきった住まいがあったでしょうか?

一応、向かって右は板の位置が高くなっているので出入りはできますがそもそも出入りするために高くしているという意識ではなく、先ほどの3段シェルフ型キャットウォークの最上段からの猫ちゃんの導線をスムーズにするためです。

猫バカが止まりませんね。

猫画像_20180408_11

そして極めつけがコレ。

ヨウくんが歩いているのでお解かりいただけると思いますが、キャットウォークです。

どんだけ~!(古い)

これはケーブルラックというもので本来は複数本の重たい銅線ケーブルなどを束ねて架けるためのものなんですが、これに透明のアクリルガラスを敷いてキャットウォークにしました。

そうです、アクリルガラスといえば・・・

猫画像_20180408_14

下から猫ちゃんの肉球鑑賞を思う存分堪能できる素敵アイテムですね。

こちらもさっきの窓際のキャットウォークから渡れるように配置してあります。

最初はこのアクリルの透明で何もないとかと怖がっていましたが、ヨウくんはすぐに慣れてくれました。

サクラちゃんはまだ無理かな~・・・。

というわけで、猫バカ成分たっぷりの猫ちゃんの家を作っちゃったわけです。

こんな猫バカインテリアの設計に一緒に楽しんで答えてくれた設計事務所の方々には本当に感謝しかありません。

本当に大満足です!

部屋に着いて数時間はサクヨウもビクビクして震えながらキャリーから出てこなくて凄く心配でしたが、何故か布団のシーツを敷きだした瞬間にサクヨウが同時に謎のスイッチが入って、さっきまでの緊張がウソのようにはしゃぎだした時はホっとしましたが。(笑)

シェルフの端っこでうずくまっていたサクラちゃんも夜中になる頃にはヨウくんといっしょにリビングを走りまくっていました。

本当によかった。

まだ家具とかほとんどないせいで声が響きわたるリビングでテンションマックスなヨウくんが夜中にちょいちょい雄叫びを上げていたので一睡もできなかったけど。

これからはこのお家で順調にサクヨウも生活していけそうです。

今日ご紹介できたのは一部ではありますが、これからも猫ねこ堂・新生活編をたくさんお届けしていきます!


この記事が気に入っていただけたらぽちっとお願いいたします!